ボウリング ローダウン 投げ方

ローダウンの投げ方でのスピードダウン法|ボウリング/ローダウンの投げ方

ボウリングボールの重力、さらには体幹から生まれる力を抑えるのが
ローダウンの投げ方でスピードを下げる考え方です。

 

ボウリングのボールの位置エネルギーと体幹の力を抑制する

 

ローダウンの投げ方でボウリングのボールのスピードを抑えるには
下に挙げたアジャスティング方法が考えられます。

 

ベーシックの投げ方と共通
  • バックスイングを低くしてボールの位置エネルギーを抑制する
  • 右足最後のステップのときにアプローチの蹴り具合を弱める

 

ローダウン特有の投げ方
  • 右肩の開きを控えめにして、ボウリングボールに伝わる体幹の力を減少させる

 

 

スピードダウンのポイント1:アドレスの位置を前に移す

 

前の項とは反対のアジャスティング法になります。
アドレスを少し前にして、ダウンスイングのときにステップの歩幅を小さくすることで
自然とバックスイングのトップが低くなり、ボウリングのボールの位置エネルギーが
小さくなります。

 

スピードダウンのポイント2:右肩の開きを抑える

 

バックスイング時の右肩の開きをできるだけ抑えることで、トップの高さを下げます。
肩を戻す動きが控えめになって、ボウリングのボールに伝わる体幹の力が減り
スピードダウンにつながります。

 

スピードダウンのポイント3:最後の一歩を控えめに

ファイナルステップを控えめにすると、リリースの際に体の移動距離が短くなり
結果として体幹移動によるパワーが抑制されて、ボールのスピードが下がります。

 

【ボウリング】ローダウンの投げ方を、理論的に分かりやすく解説しているDVDはこちら

ボウリング,ローダウン,投げ方