ボウリング ローダウン 投げ方

長く素早くボウリングのボールを撫でる|ボウリング/ローダウンの投げ方

ボウリングのボールが離れる直前、できるだけ長い距離を素早く
フィンガーでボールを撫でるように意識しましょう。

 

高速回転を生み出す撫でる動作

 

回転を増やそうとするとフィンガーで強くリフトすることが不可欠になってくるのが、ベーシックという投げ方です。
ローダウンの投げ方でも同じような方法はありますが、これぞローダウンといえるさらに進化した手の動きを紹介しましょう。

 

手首から先を柔らかく使ってリリースし、ボウリングのボールに高速回転を与える方法で、
意外かもしれませんが、ボールの表面を「撫でる」という表現が最も合っています。

 

なるべく長い距離を素早く撫でるのがコツで、これができるとボールの回転数はビックリするほど上がります。

 

ヒザを落としてボールを撫でる感覚を身に付ける

 

両手でしっかりボウリングのボールを持ち宙に浮かせ、手首の力を抜きましょう。

ボウリング,ローダウン,投げ方

ゆっくりと手首を外側に反しながら親指を抜き、
ボールの重みをフィンガーに移動させます。
ボールは徐々に下におろします。

ボウリング,ローダウン,投げ方

ボールが床に着いたら、フィンガーでボールの外径を前方向に撫でます。

手首を反らしたときに、フィンガーリフトすると腕の筋を伸ばしてしまうので注意。

ボウリング,ローダウン,投げ方

手首がボールを追い越すイメージで続けましょう。

ボールを撫でるときは、力で強引に投げようとしない。

ボウリング,ローダウン,投げ方

軽くフィンガーを意識しながら、狙いの角に向けてフォロースルーを行ないます。

 

<練習法>地球儀をボウリングボールに見立ててリリース

軸が固定された地球儀を利用して、ボールを撫でる感覚を養う練習方法もあります。

 

  1. サポーター役は地球儀の脚を持って補助する。
  2. 地球儀の表面を撫でるようにリリースする。

 

【ボウリング】ローダウンの投げ方を、理論的に分かりやすく解説しているDVDはこちら

ボウリング,ローダウン,投げ方