ボウリング ローダウン 投げ方

ボウリングボールの回転数調整法|ボウリング/ローダウンの投げ方

レーンアジャスティング技術のなかで
もっとも難しいとされるのが回転数の調整です。
ローダウンの投げ方をするボウラーに限られた特権です。

 

ハイテクニックの極み、回転数の調整

 

ボウリングボールの回転数は、ボールの球質のなかで大切なポイントの一つであり、
レーンとの摩擦力を左右してスキッドの長さを大きく変えます。

 

ボウリングのボールに高速回転を与える目的で
手首やヒジ、肩や体幹など、体のパーツを意図的に使う投げ方、ローダウンは
それらの動かし方を意識してコントロールすることで回転数の加減が可能になるのです。

 

<調整法1>回転数を増やすためのリリース

ヒジと手首を曲げてボールを抱え込む

 

ヒジと手首の動き

オイルが大量に塗られたレーンなど、スキッドが出すぎてしまうときに有効な投げ方です。
フォワードスイングでボールの抱え込みを強めてリリースの際にヒジと手首をいっぺんに反して
手の平からボールをこぼすようなイメージで送り出します。

 

<調整法2>回転数を減らすためのリリース

ヒジと手首のスナップ効果を抑える

 

ヒジと手首の動き

レーン手前にオイルが少なく、スキッド距離を長くしたい場合に有効な投げ方です。
リリースでは手首の動きを控えめに、手のひらとフィンガーでボールを目標のアングルに送り出します。

 

【ボウリング】ローダウンの投げ方を、理論的に分かりやすく解説しているDVDはこちら

ボウリング,ローダウン,投げ方,回転数,調整