アクシスローテーションの調整法|ボウリング ローダウン 投げ方

アクシスローテーションの調整法

アクシスローテーションとは、回転数のネジレで、
ボウリングにおけるボールの曲がりにダイレクトに影響します。
曲がりの大きさを自由に調整する技を身につけましょう。

レーンコンディションに見合ったアクシスローテーションの設定

 

リリースアジャスティングのなかでも、回転数の調整に比べて
回転軸の方向の調整は汎用性の高い技術です。

 

特に、ボウリングでのボールの進行方向のネジレの大きさを示す「アクシスローテーション」は
ボールの曲がり具合に結びつく重要ポイントで、回転数の調整よりも調整が容易です。
ボウリングでトップクラスをめざすなら、是非マスターしてほしいテクニックです。

 

<調整法1>アクシスローテーションを大きくする

ボウリングボールの曲がり幅を大きくするために、ボールにネジレを加える

 

  • 脇を緩めたままリリースへ
  • できる限りボールの下にフィンガーを入れた状態を保つ
  • イメージは、フィンガーがボールの右側を追い抜く感じ
  • 手のひらからボールが落ち、フィンガーで撫でる

 

しっかりと脇を緩め、ヒジが右側に突き出ないようにしましょう。

フィンガーはなるべくボールの下にキープしたまま、ボールに最大限の横回転を与えます。

 

ボールの右側を追い抜く気持ちで、手のひらからボールを内側にこぼします。
トイレットペーパーの芯に入れた棒が、リリースされたボールの方に向くのが最終的なイメージとなります。

 

<調整法2>アクシスローテーションを小さくする

ボウリングボールの曲がり幅を小さくするために、ボールになるべく横回転を加えない

 

  • 脇を締めたままリリース
  • ヒジが右に突き出ないように意識する
  • フィンガーがボールの後ろ側から追っていくイメージ
  • 手のひらからボールが前方向に落ちる

 

リリースはフィンガーがボウリングボールの後ろ側から追うイメージ

脇をしっかりと締めて、ヒジが右側に突き出ないようにしましょう。
フィンガーがボールの後ろ側から追っていく感じでスイングし
リリースではそのまま手のひらからボールを前方にこぼします。