ボウリング ローダウン 投げ方

ローダウンの投げ方でのスピードダウン法|ボウリング/ローダウンの投げ方

ボウリングボールの重力、さらには体幹から生まれる力を抑えるのが
ローダウンの投げ方でスピードを下げる考え方です。

 

ボウリングのボールの位置エネルギーと体幹の力を抑制する

 

ローダウンの投げ方でボウリングのボールのスピードを抑えるには
下に挙げたアジャスティング方法が考えられます。

 

ベーシックの投げ方と共通
  • バックスイングを低くしてボールの位置エネルギーを抑制する
  • 右足最後のステップのときにアプローチの蹴り具合を弱める

 

ローダウン特有の投げ方
  • 右肩の開きを控えめにして、ボウリングボールに伝わる体幹の力を減少させる

 

 

スピードダウンのポイント1:アドレスの位置を前に移す

 

前の項とは反対のアジャスティング法になります。
アドレスを少し前にして、ダウンスイングのときにステップの歩幅を小さくすることで
自然とバックスイングのトップが低くなり、ボウリングのボールの位置エネルギーが
小さくなります。

 

スピードダウンのポイント2:右肩の開きを抑える

 

バックスイング時の右肩の開きをできるだけ抑えることで、トップの高さを下げます。
肩を戻す動きが控えめになって、ボウリングのボールに伝わる体幹の力が減り
スピードダウンにつながります。

 

スピードダウンのポイント3:最後の一歩を控えめに

ファイナルステップを控えめにすると、リリースの際に体の移動距離が短くなり
結果として体幹移動によるパワーが抑制されて、ボールのスピードが下がります。

 

【ボウリング】ローダウンの投げ方を、理論的に分かりやすく解説しているDVDはこちら

ボウリング,ローダウン,投げ方

【管理人おすすめ】ローダウンの投げ方の習得に特化した、専門のDVD教材

【東大式 ローダウン投法】


当サイトだけでは分かりにくい部分もDVDの動画で理論的に、とても分かりやすく解説してくれています。
当サイトでもお話した、地球儀を使ったローダウンの練習方法や、
ボールの表面を撫でる感覚を磨く練習なども、とても分かりやすいですね。

ローダウンに必須の肘と手首の使い方もとても大事なポイントなので必見です!

ボウリング,ローダウン,投げ方 このDVD教材には次のようなメリットが挙げられます。

  • 自宅にいてもローダウンの基礎やその投げ方を学ぶことが出来ます。
  • 今までよりも回転数を上げ、曲がるボールを投げられます。
  • あまり腕力を使わなくてもスピードのある強いボールを投げられるようになります。
  • ローダウン投法も身に付けることで、より幅広いアジャスティングが可能になります。
  • 従来の投法よりも高いスコア、アベレージを取れる可能性が高まります。

今まで、私が知る限りでは、ボウリングのローダウンの投げ方だけを専門に教えてくれる
DVD教材というのは、これが初めてではないでしょうか?
しかも、理論だけではなく具体的な練習方法も学べるのがいいですね。

ボウリング,ローダウン,投げ方



スポンサーリンク