ボウリング ローダウン 投げ方

ボウリングのボールを撫でる動きを体に染み込ませる|ボウリング/ローダウンの投げ方

フィンガーでリフトするのではなく、手のひらでボールを撫でて
回転数をアップさせるという
独特なローダウンの投げ方の感覚をインプットさせよう。

穴があいていないボールを使って意識改革を強行

家でも屋外でもできる便利な方法で、
手のひらでボールを撫でて回転数をアップさせる意識をトレーニングするための
とっておきの練習法を紹介しましょう。

 

穴のあいていない、バレーボールやドッジボール、ハンドボールなどを使って
ボールを前方に放り投げてみましょう。

 

手首を固定したまたま、手のひらでボールを押し出すように投げると
ボールはほとんど回転しません。

 

ボーリングのボールを投げるときも同じです。
ボールを手のひらで包み込み、そこから手首を反してスナップ効果をつけ
最後にボールの外径を撫でることで、信じられないほどの回転数アップにつながります。

 

<練習法1>穴があいていないボールの外径を撫でる

手首を反らして、ボールを撫でることに意識を集中しましょう。

 

  • 穴のあいていない、手の中におさまる程度の大きさのボールを使う。
  • ボールを包み込むときは、ヒジや手首を曲げてもOK。
  • この段階で体の横で手首を反らさないように。ボールの起動が下がってしまう。
  • 実際にボールを前に投げてみると、回転の状況をつかみやすい。

 

<練習法2>マットの上でボウリングのボールを落とす

ヒジを伸ばしてボールに反動を加えながらボールを撫でます。 

 

ボールを落とす時に、手のひらからフィンガーへボールの重みを移す

 

手首を外側にそらすだけでなく、さらにヒジを伸ばした反動を加えると
親指の抜けがさらに瞬間的になって、回転数が増えます。

 

ヒジを伸ばす→手首を反しながら親指を抜く→フィンガーボールの表面を撫でる
という順番でイメージしていきましょう。

 

曲げていたヒジを伸ばす際に、一気に伸ばしすぎると筋を傷め、
手首を反すスピードが速すぎると、フィンガーに負担がかかりすぎて
ケガを招くことがあるので注意。

 

腕全体から緊張感を取り除くことがなにより大切です。

 

<練習法3>ファウルライン手前でボウリングのボールをこぼす

この練習法は3段階のレベルになっているので、順番に行います。

 

第1段階:左手の助けを借りながら、手のひらに包み込んだボールを前方へ転がしましょう。

 

第2段階:左手の補助をなくして、ボールを前方へ転がします。
           開脚の幅をだんだんと大きくしていきましょう。

 

第3段階:少しずつ大きなスイングにしながら、実際の投げ方に近づけていきます。

 

【ボウリング】ローダウンの投げ方を、理論的に分かりやすく解説しているDVDはこちら

ボウリング,ローダウン,投げ方

【管理人おすすめ】ローダウンの投げ方の習得に特化した、専門のDVD教材

【東大式 ローダウン投法】


当サイトだけでは分かりにくい部分もDVDの動画で理論的に、とても分かりやすく解説してくれています。
当サイトでもお話した、地球儀を使ったローダウンの練習方法や、
ボールの表面を撫でる感覚を磨く練習なども、とても分かりやすいですね。

ローダウンに必須の肘と手首の使い方もとても大事なポイントなので必見です!

ボウリング,ローダウン,投げ方 このDVD教材には次のようなメリットが挙げられます。

  • 自宅にいてもローダウンの基礎やその投げ方を学ぶことが出来ます。
  • 今までよりも回転数を上げ、曲がるボールを投げられます。
  • あまり腕力を使わなくてもスピードのある強いボールを投げられるようになります。
  • ローダウン投法も身に付けることで、より幅広いアジャスティングが可能になります。
  • 従来の投法よりも高いスコア、アベレージを取れる可能性が高まります。

今まで、私が知る限りでは、ボウリングのローダウンの投げ方だけを専門に教えてくれる
DVD教材というのは、これが初めてではないでしょうか?
しかも、理論だけではなく具体的な練習方法も学べるのがいいですね。

ボウリング,ローダウン,投げ方



スポンサーリンク