ボウリング ローダウン 投げ方

ボウリングボールに回転を与えるメカニズム|ボウリング/ローダウンの投げ方

一昔前までの主流であるベーシックの投げ方と
ボールに回転数を与えるローダウンの投げ方とのメカニズムは全く異なるものです。

抱え込んだボウリングのボールを一気にリリースで開放する投げ方により回転を与える。

 

リリースの際にヒジと手首を使ってスナップ効果を高めることが

ボウリング,ローダウン,投げ方


ボールに回転を与える条件です。

 

そのため必要となるのが、リリースを迎える前にヒジを曲げたり
手首を内側に折り込んだりするなど、ボールを抱え込む動作です。

 

リリースでは、その抱え込んだ状態から一気にヒジを伸ばして
さらに手首を外側にそらすことによってボウリングのボールを放します。
これがローダウンの投げ方独特のヒジと手首の動きです。

 

しっかりボールをキープしていた親指は
一瞬にして抜け、ボールの重みが手のひらからフィンガーに移行。
これによって、ボールの回転数が格段にアップします。

 

ローダウンの投げ方でのリリース

 

意図的に親指を抜く

 

リリースで親指が自然に抜けるのを待っていると回転数が上がりません。
一気にヒジを伸ばして手首を反すことにより、意識的に親指を抜く動作が必要なのです。

 

回転を抑えるリリース

 

手首を固定してボウリングのボールを押し出すイメージです。

 

>>>ローダウンの投げ方のためのメジャーリング

【管理人おすすめ】ローダウンの投げ方の習得に特化した、専門のDVD教材

【東大式 ローダウン投法】


当サイトだけでは分かりにくい部分もDVDの動画で理論的に、とても分かりやすく解説してくれています。
当サイトでもお話した、地球儀を使ったローダウンの練習方法や、
ボールの表面を撫でる感覚を磨く練習なども、とても分かりやすいですね。

ローダウンに必須の肘と手首の使い方もとても大事なポイントなので必見です!

ボウリング,ローダウン,投げ方 このDVD教材には次のようなメリットが挙げられます。

  • 自宅にいてもローダウンの基礎やその投げ方を学ぶことが出来ます。
  • 今までよりも回転数を上げ、曲がるボールを投げられます。
  • あまり腕力を使わなくてもスピードのある強いボールを投げられるようになります。
  • ローダウン投法も身に付けることで、より幅広いアジャスティングが可能になります。
  • 従来の投法よりも高いスコア、アベレージを取れる可能性が高まります。

今まで、私が知る限りでは、ボウリングのローダウンの投げ方だけを専門に教えてくれる
DVD教材というのは、これが初めてではないでしょうか?
しかも、理論だけではなく具体的な練習方法も学べるのがいいですね。

ボウリング,ローダウン,投げ方



スポンサーリンク