ボウリング ローダウン 投げ方

ローダウンの投げ方のためのメジャーリング|ボウリング/ローダウンの投げ方

ローダウンの投げ方の大きな特徴は
ボウリングのボールを抱え込む必要があるために
ベーシックの投げ方に比べスパンが短いのが特徴です。

 

基本はショートスパン

コントロール重視の投げ方であるベーシック投法に比べて
ボールを抱え込む必要のあるローダウン投法では
第1関節と第2関節の中間ポイントがフィンガーホールのエッジにくる長さが基本となり、短めのスパンでです。

 

親指からフィンガーにかけて、ぴったりボウリングのボールに密着する
メジャーリングでは、手首の柔軟な動きが邪魔されてしまうからです。

 

スパンを短くすると、親指がフィンガー側に引っ張られなくなりボールを抱え込みやすくなります。
フィンガーではなく、手のひら全体でボウリングのボールの重さを感じるようにしましょう。

 

柔軟な手首の動きを可能にするため、ゆとりあるスパンで

ベーシックの投げ方に適したスパン

親指がフィンガー側に引っ張られたスパンに余裕が無い持ち方では、
手首を柔軟に使えません。
親指がフィンガー側に引っ張られてしまうためです。

 

ローダウンの投げ方に適したスパン

スパンに余裕をもたせる事により、自由に手首が動くようにしましょう。

 

ボウリングのボールの重みを手のひらからフィンガーに移動させる

  1. 穴に指を入れた状態でボールを持つ
  2. ボウリング,ローダウン,投げ方,ベーシックサムホールから親指を抜くときは手首を外側に反しながら。親指が擦れずにボールの重みがフィンガーに移動できれば適正なスパン。
  3. ボールの重みを手のひらからフィンガーへ。
  4. 親指を指穴から抜く。
  5. 親指が指穴から擦れずに抜ければ成功。

 

用語解説

メジャーリングとは

マイボールを購入したら、ドリルのために、自分の手の様々なサイズを測定します。
これをメジャーリングといいます。

 

ドリルとは

ボールに指穴やバランスホールを開けることです。

 

【ボウリング】ローダウンの投げ方を、理論的に分かりやすく解説しているDVDはこちら

ボウリング,ローダウン,投げ方,ベーシック

【管理人おすすめ】ローダウンの投げ方の習得に特化した、専門のDVD教材

【東大式 ローダウン投法】


当サイトだけでは分かりにくい部分もDVDの動画で理論的に、とても分かりやすく解説してくれています。
当サイトでもお話した、地球儀を使ったローダウンの練習方法や、
ボールの表面を撫でる感覚を磨く練習なども、とても分かりやすいですね。

ローダウンに必須の肘と手首の使い方もとても大事なポイントなので必見です!

ボウリング,ローダウン,投げ方,ベーシック このDVD教材には次のようなメリットが挙げられます。

  • 自宅にいてもローダウンの基礎やその投げ方を学ぶことが出来ます。
  • 今までよりも回転数を上げ、曲がるボールを投げられます。
  • あまり腕力を使わなくてもスピードのある強いボールを投げられるようになります。
  • ローダウン投法も身に付けることで、より幅広いアジャスティングが可能になります。
  • 従来の投法よりも高いスコア、アベレージを取れる可能性が高まります。

今まで、私が知る限りでは、ボウリングのローダウンの投げ方だけを専門に教えてくれる
DVD教材というのは、これが初めてではないでしょうか?
しかも、理論だけではなく具体的な練習方法も学べるのがいいですね。

ボウリング,ローダウン,投げ方,ベーシック



スポンサーリンク