ボウリング ローダウン 投げ方

ボウリングのボールに高速回転を与える投げ方です。
ボールに無駄なくエネルギーを伝えるため
重力とボディの力を最大限に生かしましょう。

 

高速回転を生み出すためのテクニック

 

近頃、プロ・アマ問わず男子若手ボウリング選手の間に急速に浸透している投げ方、ローダウンですが
実は従来のベーシックの投げ方では思いもよらなかった
高速回転を生み出すためのテクニックが潜んでいるのです。

ボウリング,ローダウン,投げ方

 

具体的に挙げると
「ヒジと手首を使っていったんボウリングボールを抱え込みリリースで一気に放す」
「長く、でも素早くボールを撫でる」
「体幹のパワーを使う」
など。

 

後に列挙する練習法をほどよく取り入れながら
少しずつ挑戦してほしいと思います。

 

【ボウリング】ローダウンの投げ方
  1. ボウリングのボールを包み込むようにセットし自然体でアドレス。
  2. ボールの重力を感じながらプッシュアウェイ。
  3. 意気込まずにボールの重力に身を任せてダウンスイング。
  4. バックスイングでも決して力まない。
  5. バックスイングのトップでタメて右足で全体重を受け止める。
  6. フォワードスイングに入ってからボウリングボールを抱え込み重力と体幹のパワーを目いっぱい生かしてリリースにもっていく。
  7. リリースでは、抱え込んだボールを一気に解放して高速回転をかける。

 

 

 

>>>ボウリングのボールに回転を与えるメカニズム

【管理人おすすめ】ローダウンの投げ方の習得に特化した、専門のDVD教材

【東大式 ローダウン投法】


当サイトだけでは分かりにくい部分もDVDの動画で理論的に、とても分かりやすく解説してくれています。
当サイトでもお話した、地球儀を使ったローダウンの練習方法や、
ボールの表面を撫でる感覚を磨く練習なども、とても分かりやすいですね。

ローダウンに必須の肘と手首の使い方もとても大事なポイントなので必見です!

ボウリング,ローダウン,投げ方 このDVD教材には次のようなメリットが挙げられます。

  • 自宅にいてもローダウンの基礎やその投げ方を学ぶことが出来ます。
  • 今までよりも回転数を上げ、曲がるボールを投げられます。
  • あまり腕力を使わなくてもスピードのある強いボールを投げられるようになります。
  • ローダウン投法も身に付けることで、より幅広いアジャスティングが可能になります。
  • 従来の投法よりも高いスコア、アベレージを取れる可能性が高まります。

今まで、私が知る限りでは、ボウリングのローダウンの投げ方だけを専門に教えてくれる
DVD教材というのは、これが初めてではないでしょうか?
しかも、理論だけではなく具体的な練習方法も学べるのがいいですね。

ボウリング,ローダウン,投げ方



スポンサーリンク