ボウリング ローダウン 投げ方

ボウリングボールの回転数調整法|ボウリング/ローダウンの投げ方

レーンアジャスティング技術のなかで
もっとも難しいとされるのが回転数の調整です。
ローダウンの投げ方をするボウラーに限られた特権です。

 

ハイテクニックの極み、回転数の調整

 

ボウリングボールの回転数は、ボールの球質のなかで大切なポイントの一つであり、
レーンとの摩擦力を左右してスキッドの長さを大きく変えます。

 

ボウリングのボールに高速回転を与える目的で
手首やヒジ、肩や体幹など、体のパーツを意図的に使う投げ方、ローダウンは
それらの動かし方を意識してコントロールすることで回転数の加減が可能になるのです。

 

<調整法1>回転数を増やすためのリリース

ヒジと手首を曲げてボールを抱え込む

 

ヒジと手首の動き

オイルが大量に塗られたレーンなど、スキッドが出すぎてしまうときに有効な投げ方です。
フォワードスイングでボールの抱え込みを強めてリリースの際にヒジと手首をいっぺんに反して
手の平からボールをこぼすようなイメージで送り出します。

 

<調整法2>回転数を減らすためのリリース

ヒジと手首のスナップ効果を抑える

 

ヒジと手首の動き

レーン手前にオイルが少なく、スキッド距離を長くしたい場合に有効な投げ方です。
リリースでは手首の動きを控えめに、手のひらとフィンガーでボールを目標のアングルに送り出します。

 

【ボウリング】ローダウンの投げ方を、理論的に分かりやすく解説しているDVDはこちら

ボウリング,ローダウン,投げ方,回転数,調整

【管理人おすすめ】ローダウンの投げ方の習得に特化した、専門のDVD教材

【東大式 ローダウン投法】


当サイトだけでは分かりにくい部分もDVDの動画で理論的に、とても分かりやすく解説してくれています。
当サイトでもお話した、地球儀を使ったローダウンの練習方法や、
ボールの表面を撫でる感覚を磨く練習なども、とても分かりやすいですね。

ローダウンに必須の肘と手首の使い方もとても大事なポイントなので必見です!

ボウリング,ローダウン,投げ方,回転数,調整 このDVD教材には次のようなメリットが挙げられます。

  • 自宅にいてもローダウンの基礎やその投げ方を学ぶことが出来ます。
  • 今までよりも回転数を上げ、曲がるボールを投げられます。
  • あまり腕力を使わなくてもスピードのある強いボールを投げられるようになります。
  • ローダウン投法も身に付けることで、より幅広いアジャスティングが可能になります。
  • 従来の投法よりも高いスコア、アベレージを取れる可能性が高まります。

今まで、私が知る限りでは、ボウリングのローダウンの投げ方だけを専門に教えてくれる
DVD教材というのは、これが初めてではないでしょうか?
しかも、理論だけではなく具体的な練習方法も学べるのがいいですね。

ボウリング,ローダウン,投げ方,回転数,調整



スポンサーリンク