ボウリング ローダウン 投げ方

時間差移動の効果|ボウリング/ローダウンの投げ方

強いボールを投げるには、下半身から上半身にいたる
それぞれの部位の時間差が重要なのです。
これが体幹移動によるパワーの源です。

 

下半身から順々に前方に移動するイメージで。

 

野球のピッチャーの投げ方をよく観察してみましょう。
下半身が着地して、まず腰が入ります。

 

その後、前方移動の順番は、肩、ヒジ、手首。
そして最後に手のひらと指によって、ボールにスピードと回転を与えます。

 

このように、体の各部分(下半身から最後のフィンガーまで)を少しずつタイミングをずらして移動することで
その連鎖作用によって、さらに大きなパワーがボールに入れ込まれるのです。

 

反対にスピードと回転が足りない弱いボールというのは下半身の踏み込みが弱く、体の各部の前方への移動がほぼ同時に起こって、体幹から出る力が乏しいときに生まれてしまいます。

 

下半身と上半身が同時に移動すると、下半身の踏み込みが甘く、
下半身の各部分とのタイミングのずれがほとんど発生しない。

 

強いボールを投げるときの野球のピッチャーとボウリング選手の共通の動き

 

  • 左足を大きく前方へ踏み込む
  • 大きく前後に開脚して、腰が入った状態で上半身を待つ。
  • 肩、次に遅れてヒジが前方に移動。
  • 手首、手のひら、続いてフィンガーでボールに最後のエネルギーを与える。

 

【ボウリング】ローダウンの投げ方を、理論的に分かりやすく解説しているDVDはこちら

ボウリング,ローダウン,投げ方

【管理人おすすめ】ローダウンの投げ方の習得に特化した、専門のDVD教材

【東大式 ローダウン投法】


当サイトだけでは分かりにくい部分もDVDの動画で理論的に、とても分かりやすく解説してくれています。
当サイトでもお話した、地球儀を使ったローダウンの練習方法や、
ボールの表面を撫でる感覚を磨く練習なども、とても分かりやすいですね。

ローダウンに必須の肘と手首の使い方もとても大事なポイントなので必見です!

ボウリング,ローダウン,投げ方 このDVD教材には次のようなメリットが挙げられます。

  • 自宅にいてもローダウンの基礎やその投げ方を学ぶことが出来ます。
  • 今までよりも回転数を上げ、曲がるボールを投げられます。
  • あまり腕力を使わなくてもスピードのある強いボールを投げられるようになります。
  • ローダウン投法も身に付けることで、より幅広いアジャスティングが可能になります。
  • 従来の投法よりも高いスコア、アベレージを取れる可能性が高まります。

今まで、私が知る限りでは、ボウリングのローダウンの投げ方だけを専門に教えてくれる
DVD教材というのは、これが初めてではないでしょうか?
しかも、理論だけではなく具体的な練習方法も学べるのがいいですね。

ボウリング,ローダウン,投げ方



スポンサーリンク