ボウリング ローダウン 投げ方

ヒジと手首の使い方<練習法>|ボウリング/ローダウンの投げ方

ローダウンの投げ方は、ヒジと手首を曲げた状態から、狙いのアングルの方向に
ボウリングのボールをこぼすようなイメージで。

 

ヒジと手首の連動性が重要

 

ボウリングのボールを抱え込むときのヒジや手首の曲げ具合と、ヒジや手首を伸ばす速さによって回転数は大きく変わります。

 

ただし、バックスイングが低くなり、体幹のパワーをうまくボールに伝えることができなくなって
十分なスピード出なくなるため、抱え込みすぎは逆効果になりますので、注意が必要です。

 

またヒジや手首の曲げすぎや、一気に伸ばすことは、ケガにつながるので要注意。
ヒジや手首は軽く曲げる程度にしましょう。ヒジと手首が連動したスムーズな動きが大切です。

 

<練習法>サポーター役にヒジと手首を押してもらう

アシストでローダウンの投げ方のヒジと手首の動きをマスター!

  • ヒジの外側と手のひらに手を添える。
  • ヒジを前方向に押しながら少しずつ手首を反す。
  • フィンガー方向に徐々に手を移動。
  • リリースの位置を越えたら手を離す。

 

ヒジを前方に押しながら徐々に手首を反す

 

2人1組で練習する方法です。

 

ボウリング,ローダウン,投げ方
出典:山本幸治・日坂義人 著 『スコアアップ・ボウリング』

 

ボウラー役は、肩の力を抜き、サポーターに手を委ねましょう。
ヒジや手首の動きをしっかりと頭にたたき込むため、繰り返し行って下さい。
目視してもかまいません。慣れてきたらサポーター無しで一人で挑戦してみて下さい。

 

一方のサポーター役は、ボウラーのヒジの外側と手のひらに手を添えましょう。
ヒジを前方に押しながら徐々に手首を反らせ、フィンガー方向に手を移動させます。

 

ボウリングのボールの位置エネルギー、そして体幹の力が
ボールの運動エネルギーと回転数に効果的に変わるためには、この流れるような一連の動作が重要になります。

 

【ボウリング】ローダウンの投げ方を、理論的に分かりやすく解説しているDVDはこちら

ボウリング,ローダウン,投げ方

【管理人おすすめ】ローダウンの投げ方の習得に特化した、専門のDVD教材

【東大式 ローダウン投法】


当サイトだけでは分かりにくい部分もDVDの動画で理論的に、とても分かりやすく解説してくれています。
当サイトでもお話した、地球儀を使ったローダウンの練習方法や、
ボールの表面を撫でる感覚を磨く練習なども、とても分かりやすいですね。

ローダウンに必須の肘と手首の使い方もとても大事なポイントなので必見です!

ボウリング,ローダウン,投げ方 このDVD教材には次のようなメリットが挙げられます。

  • 自宅にいてもローダウンの基礎やその投げ方を学ぶことが出来ます。
  • 今までよりも回転数を上げ、曲がるボールを投げられます。
  • あまり腕力を使わなくてもスピードのある強いボールを投げられるようになります。
  • ローダウン投法も身に付けることで、より幅広いアジャスティングが可能になります。
  • 従来の投法よりも高いスコア、アベレージを取れる可能性が高まります。

今まで、私が知る限りでは、ボウリングのローダウンの投げ方だけを専門に教えてくれる
DVD教材というのは、これが初めてではないでしょうか?
しかも、理論だけではなく具体的な練習方法も学べるのがいいですね。

ボウリング,ローダウン,投げ方



スポンサーリンク