アクシスローテーションの調整法|ボウリング ローダウン 投げ方

アクシスローテーションの調整法

アクシスローテーションとは、回転数のネジレで、
ボウリングにおけるボールの曲がりにダイレクトに影響します。
曲がりの大きさを自由に調整する技を身につけましょう。

レーンコンディションに見合ったアクシスローテーションの設定

 

リリースアジャスティングのなかでも、回転数の調整に比べて
回転軸の方向の調整は汎用性の高い技術です。

 

特に、ボウリングでのボールの進行方向のネジレの大きさを示す「アクシスローテーション」は
ボールの曲がり具合に結びつく重要ポイントで、回転数の調整よりも調整が容易です。
ボウリングでトップクラスをめざすなら、是非マスターしてほしいテクニックです。

 

<調整法1>アクシスローテーションを大きくする

ボウリングボールの曲がり幅を大きくするために、ボールにネジレを加える

 

  • 脇を緩めたままリリースへ
  • できる限りボールの下にフィンガーを入れた状態を保つ
  • イメージは、フィンガーがボールの右側を追い抜く感じ
  • 手のひらからボールが落ち、フィンガーで撫でる

 

しっかりと脇を緩め、ヒジが右側に突き出ないようにしましょう。

フィンガーはなるべくボールの下にキープしたまま、ボールに最大限の横回転を与えます。

 

ボールの右側を追い抜く気持ちで、手のひらからボールを内側にこぼします。
トイレットペーパーの芯に入れた棒が、リリースされたボールの方に向くのが最終的なイメージとなります。

 

<調整法2>アクシスローテーションを小さくする

ボウリングボールの曲がり幅を小さくするために、ボールになるべく横回転を加えない

 

  • 脇を締めたままリリース
  • ヒジが右に突き出ないように意識する
  • フィンガーがボールの後ろ側から追っていくイメージ
  • 手のひらからボールが前方向に落ちる

 

リリースはフィンガーがボウリングボールの後ろ側から追うイメージ

脇をしっかりと締めて、ヒジが右側に突き出ないようにしましょう。
フィンガーがボールの後ろ側から追っていく感じでスイングし
リリースではそのまま手のひらからボールを前方にこぼします。

【管理人おすすめ】ローダウンの投げ方の習得に特化した、専門のDVD教材

【東大式 ローダウン投法】


当サイトだけでは分かりにくい部分もDVDの動画で理論的に、とても分かりやすく解説してくれています。
当サイトでもお話した、地球儀を使ったローダウンの練習方法や、
ボールの表面を撫でる感覚を磨く練習なども、とても分かりやすいですね。

ローダウンに必須の肘と手首の使い方もとても大事なポイントなので必見です!

ボウリング,ローダウン,投げ方,アクシスローテーション このDVD教材には次のようなメリットが挙げられます。

  • 自宅にいてもローダウンの基礎やその投げ方を学ぶことが出来ます。
  • 今までよりも回転数を上げ、曲がるボールを投げられます。
  • あまり腕力を使わなくてもスピードのある強いボールを投げられるようになります。
  • ローダウン投法も身に付けることで、より幅広いアジャスティングが可能になります。
  • 従来の投法よりも高いスコア、アベレージを取れる可能性が高まります。

今まで、私が知る限りでは、ボウリングのローダウンの投げ方だけを専門に教えてくれる
DVD教材というのは、これが初めてではないでしょうか?
しかも、理論だけではなく具体的な練習方法も学べるのがいいですね。

ボウリング,ローダウン,投げ方,アクシスローテーション



スポンサーリンク